おかず

小松菜のお浸しのレシピ

ひとことコメント:

シャキシャキした食感とほんのり甘さを感じる味付け。小鉢としても出しても良し、付け合わせに盛り付けるもよしの便利なお惣菜です。

小松菜のお浸しの基本情報

調理時間:

10分

レシピのポイント:

  • 野菜を茹でて調味液に浸しておくだけで簡単!
  • 味付けの失敗が少ないため、自炊初心者でも安心なレシピです。
  • 調味液に浸しておく時間は調理時間から除いております。

レシピキーワード:

小松菜のお浸しの材料(2人分)

  • 小松菜 … 4株
  • にんじん … 1/2本
  • みりん … 大さじ1
  • 醤油 … 大さじ1
  • 顆粒和風だし … 小さじ1/4
  • 塩 … 小さじ1/2
  • 水 … 50ml

材料のポイント:

  • 具材を調味液に浸しておくタッパー等があると便利です。ない場合は高さがある器などで代用可能です。
  • にんじんのほか、しめじなどのきのこ類を加えてもOKです。

チェック!

レシピで使用する材料の購入はこちらから!

小松菜のお浸しの作り方

step
1
準備・下ごしらえ

  1. 鍋にお湯を沸かしておく。
  2. にんじんは皮をむき長さ4cmくらいの短冊切りにしておく。
  3. 小松菜は水洗いする。特に根本は念入りに洗い、汚れを落としておく。

step
2
調理

  1. 野菜を茹でる。沸かしたお湯に入れ、中火で30秒ほど茹でる。
  2. 野菜が茹で上がったらザルにあけて冷水で冷やし、キッチンペーパーなどで包んで水気を絞る。
  3. 小松菜を根元を落とし、4~5cmくらいの長さに切りそろえる。
  4. 調味液をつくる。みりん、醤油、塩、顆粒和風だしを小鍋に入れて加熱し、アルコールを飛ばす。
  5. アルコールが飛んだら、水を加えて薄める。
  6. タッパーなどの保存容器に茹でて水気を切った野菜と調味液を合わせて、冷蔵庫で冷やしておく。

step
3
仕上げ

  1. 食べる直前になったら、器に盛り付けてできあがり。

調理のポイント:

  • 調味液が薄くなってしまうのを防ぐため、浸す野菜の水気はしっかりきりましょう。
  • 特に小松菜の葉の部分は水気が多いので、ぎゅっと絞るように水気をきっておきましょう。

関連記事

-おかず
-,

© 2021 Toco's Kitchen (トコズキッチン)