スープ

基本の鶏もも肉の寄せ鍋のレシピ

ひとことコメント:

鶏もも肉入りのほっこりする寄せ鍋です。お好みの野菜を入れて楽しみましょう。分量を調整すれば一人鍋にも。

基本の鶏もも肉の寄せ鍋の基本情報

調理時間:

20分

レシピのポイント:

  • 量を調整すれば一食分からつくれます。
  • 一人暮らしの方やご家族と食事の時間がずれてしまった時にも。

レシピキーワード:

基本の鶏もも肉の寄せ鍋の材料(2人分)

  • 鶏もも肉 … 150g
  • 白菜 … 1/8玉
  • にんじん … 1/4本
  • 豆苗 … 50g
  • しめじ … 50g
  • 料理酒 … 大さじ1
  • 顆粒和風だし … 小さじ1
  • 醤油 … 小さじ2
  • 塩 … 小さじ1/2
  • 水 … 600ml

材料のポイント:

  • お好みの野菜や具材を入れて鍋を楽しみましょう。
  • もやしやキャベツなどのを入れてボリュームを出すも良し。しいたけなどのきのこ類を増やしても美味しくいただけます。

チェック!

レシピで使用する材料の購入はこちらから!

基本の鶏もも肉の寄せ鍋の作り方

step
1
準備・下ごしらえ

  1. 鶏もも肉は表面の水分をキッチンペーパーなどでとり、食べやすい大きさに切る。
  2. 白菜やにんじんは一口大に切り、豆苗は根元を落としておく。
  3. しめじは石づきを落として小株に分けておく。

step
2
調理

  1. 鍋にお湯が沸いたら、顆粒和風だし、白菜の芯に近い部分、にんじんなどの火の通りにくい具材を加熱する。
  2. 白菜とにんじんに火が入ったところで、鶏もも肉、残りの調味料を入れて灰汁がでたら取り除く。
  3. 鶏肉に火が通ったら、白菜の葉の部分、豆苗、しめじなどの火が通りやすい野菜類を入れる。

step
3
仕上げ

  1. 野菜が煮えたら、器に盛り付けてできあがり。

調理のポイント:

  • 火の通りすぎによる食感の悪化を防ぐため、火が通りにくい具材を早めに入れ、火の通りが早い葉物・きのこ類を時間差で入れます。
  • 肉類は火を確実に通しつつ、火の通しすぎによる硬化と、灰汁の取りやすさを考慮して入れるタイミングをずらしています。
  • 余ったスープでしめにうどんやラーメンなどと一緒に食べてもおいしいです。

関連記事

レシピを探す

最近の検索ランキング

1

ひとことコメント: ノンフライヤーで冷凍フライドポテトを調理する方法をご紹介! ワンポイントアドバイス ノンフライヤーで煙が出て困ったことはありませんか?対処法はこちら! ディップでアレンジ フライド ...

2

ひとことコメント: ミネストローネスープを作る場合は一般的にはトマト缶を使いますが、今回紹介するレシピはトマトペーストを使用するので、少量から作れるのがポイント。具だくさんにするととてもおいしいです! ...

3

ひとことコメント: うどんスープの素を使用した基本のにゅうめん(温かいだし汁で煮たそうめん)のレシピです。 一品料理としても食べられますし、量を少なくしてスープとしても使えます。 その他の温かいそうめ ...

4

ひとことコメント: フライパンで調理すると焦げやすい「こてっちゃん」。今回はこの「こてっちゃん」の簡単な焼き方についてご紹介します。 焼肉にはサラダがおすすめ!人気レシピです! こてっちゃんと一緒に豚 ...

5

ひとことコメント: スパイスが香るチキンソテー。ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもなる万能レシピです! カレー風味のチキンソテーの基本情報 調理時間:20分 レシピのポイント: 「ハウス 味付カレーパ ...

-スープ
-, , , ,

© 2022 Toco's Kitchen (トコズキッチン)