おかず

ノンフライヤーでつくるいんげんのチーズ豚巻きフライのレシピ

ひとことコメント:

栗原心平さんの「ごちそうさまチャンネル」で紹介されていたレシピの調理方法アレンジです。いんげんは冷凍食品を使用し、調理はノンフライヤーでするので油の処理も気にせず手軽に作れます。

ノンフライヤーでつくるいんげんのチーズ豚巻きフライの基本情報

調理時間:

30分

レシピのポイント:

  • フライパン・鍋は不要。ノンフライヤーで調理しますのでお手軽です。
  • とんかつ用の肉を用意しなくても調理可能。

ノンフライヤーでつくるいんげんのチーズ豚巻きフライの材料(2人分)

  • カット冷凍いんげん … 24本
  • 豚ロース薄切り肉 … 150g
  • スライスチーズ … 2枚
  • 塩コショウ … 少々
  • 卵 … 1個
  • 小麦粉 … 30g
  • パン粉 … 30g
  • 水 … 小さじ2
  • サラダ油 … 少々

材料のポイント:

  • 冷凍いんげんは一口大にカットされたサイズでフライ1個につき4本使います(6個×4=24本)。
  • 豚薄切り肉はバラ肉よりも脂が少なめのロース肉がおすすめです。
  • ノンフライヤーで作る場合はパン粉は目が細かいものをおすすめします。パン粉が無くなった場合は適宜足してください。

ノンフライヤーでつくるいんげんのチーズ豚巻きフライの作り方

step
1
準備・下ごしらえ

  1. 冷凍いんげんは流水で解凍し、キッチンペーパーで水気を切っておく。
  2. スライスチーズは1枚を3等分にしておく。
  3. 豚薄切り肉はバットの上に2~3枚重ねて広げて並べ、塩コショウする。
  4. 豚薄切り肉の上にスライスチーズといんげん3本を置き、巻いて俵状に成形する。
  5. 成形が終わった豚肉は時間があれば冷蔵庫で冷やしておく。
  6. バッター液をつくる。器に卵、小麦粉、水を入れて溶いておく。

step
2
調理

  1. 俵状に成型した豚肉に、バッター液、パン粉の順に衣をつける。
  2. 衣の上からサラダ油をスプレーでふきつけてバスケットにフライを配置し、200℃に設定したノンフライヤーで5分加熱する。
  3. 5分加熱したら、一度バスケットを取り出してフライをひっくり返し、3分加熱する。
  4. 3分加熱したら、バスケットを取り出してフライを再度ひっくり返し、3分加熱する。

step
3
仕上げ

  1. 計11分加熱したらフライをノンフライヤーから取り出し、器に盛り付けてできあがり。

調理のポイント:

  • ノンフライヤーで油分の多いものを揚げると下に油が落ちるため、まんべんなく揚げるためにひっくり返します。
  • ノンフライヤーがなく、普通の油で揚げる場合は、栗原心平さんの「ごちそうさまチャンネル」で紹介されていたレシピを参考にしてみてください。

ノンフライヤーでの配置方法

ノンフライヤーで調理する場合にどのように置けば調理しやすいかを解説!

ここがポイント!

上記分量(6個)はちょうど1段分で間に合いますが、それ以上の場合は2段目も使ってください。最大12個程度は配置可能です。

関連記事

-おかず
-, , , ,

© 2021 Toco's Kitchen (トコズキッチン)