自炊の教科書 調理科学

ゆでうどんが酸っぱいと感じる時の対処法

ゆでうどんが酸っぱく感じる?

スーパーで1パック100円程度で購入でき、いろいろな料理に応用できる「ゆでうどん」。

そんな便利な「ゆでうどん」ですが、賞味期限が切れておらず、保存状態も良いはずなのに、酸っぱいにおいを感じた経験はないでしょうか?

カレーうどんや焼きうどんなどでは、感じることは少ないこの酸っぱいにおい。ざるうどんや湯付きうどん等で食べているときに感じることが多い印象です。

この記事では、ゆでうどんの酸っぱく感じる原因と、その対処法について説明します。

ゆでうどんが酸っぱく感じる原因

まずは「ゆでうどんの酸っぱく感じる原因」について見ていきましょう。

ゆでうどんが酸っぱく感じるのは、うどんに「酸味料」が添加されていることが原因である可能性が高いです。

ここではシマダヤさんから販売されているゆでうどんの食品表示[1] をお借りして確認してみることにします。

食品添加物は「原材料名」の「/」の後に続く部分に記載されています。加工でんぷんの後ろに「酸味料」が記載されていることがわかりました。

酸味料とはなにか?

では、食品添加物として記載されている「酸味料」とは何者なのでしょうか?

「酸味料」は名前の通り食品に「酸っぱい味」を付けるための食品添加物です。食品表示基準においては「食品の製造又は加工の工程で,酸味の付与又は増強による味覚の向上又は改善のために使用される添加物及びその製剤」[2]と定義されています。

「酸味料」として添加される代表的なものとしては「クエン酸」や「酢酸」等があります。

食品添加物として記載されていると「いったい何が入っているのか…?」と疑いたくなる人もいるでしょうが、実際にはレモンやお酢などにも含まれる成分ですので健康上の問題はありません。

ゆでうどんに「酸味料」が入っている理由

さて「酸味料」の正体がわかりました。では、なぜこの「酸味料」はゆでうどんに入っているのでしょうか。

ゆでうどんに「酸味料」が入っているのは、うどんの作り手側が「酸味をつけることで美味しくなると考えているから」と思われます。

食品表示で「酸味料」として記載していることから、食品表示基準の定義に照らし合わせてみてみると、添加の主な目的は味の向上や改善であるとわかります。

もちろん、クエン酸や酢酸等の「酸味料」を加えることで食品を保存できる期間がのびる場合もあると考えられますが、「酸味料」として記載されている以上、主な目的は「味の向上・改善」です。

ゆでうどんが酸っぱく感じないようにする方法

最後に「ゆでうどんが酸っぱく感じないようにする方法」について見ていきたいと思います。

ゆでうどんが酸っぱく感じないようにする方法は以下の通りです。

  1. 電子レンジで加熱せずにパッケージの説明通りに茹でる。
  2. 茹でた後に水で表面を洗う。

方法1:電子レンジで加熱せずに茹でる

ゆでうどんが酸っぱく感じないようにするためには、たっぷりのお湯でパッケージの説明通りに茹でます。

茹でることでにおいの素となる酸味料が取り除かれるので、酸っぱいにおいを感じにくくなります。

このとき、茹で湯が少ないとにおいをうまく取り除くことができない可能性があるので、たっぷりのお湯で茹でることをおすすめします。

なお、電子レンジで加熱するだけではにおいの成分を取り除くことができないので、においが気になる場合はお湯で茹でるようにしましょう。

方法2:茹でた後に水で洗う

お湯で茹でてもにおいが残るような気がする場合は、麺の表面のぬめりを落とすとにおいを感じにくくなります。

特にざるうどんなど、麺の風味を感じやすい食べ方の場合は、食感を向上させることにもなるので一度流水で洗うことは効果的です。

温かいつゆで食べる場合は、茹で湯は残しておき、一度水で洗った後に再度温めるという手間がありますので、この点はご留意ください。

参考資料

[1] シマダヤ「太鼓判」玉うどん」 食品情報ページ

[2] 消費者庁 食品表示基準について 別添 添加物関係 [PDF]

関連記事

-自炊の教科書, 調理科学
-, , , ,

© 2022 Toco's Kitchen (トコズキッチン)