おかず

ローストビーフのレシピ

ひとことコメント:

炊飯器で簡単に作れちゃうごちそうレシピです。
下ごしらえまでしてしまえば、あとはほとんどほったらかし!

ローストビーフの基本情報

調理時間:

75分

レシピのポイント:

  • オーブンの使用無し。熱湯と炊飯器の保温で調理します。
  • 味付けの失敗が少ないため、自炊初心者でも安心なレシピです。

レシピキーワード:

ローストビーフの材料(2人分)

  • 牛ももブロック肉 … 350g
  • 醤油 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2
  • 生姜チューブ … 小さじ1/2
  • 塩コショウ … 少々
  • サラダ油 … 少々

材料のポイント:

  • ブロック肉は牛の部位の中でも特に脂肪分が少ないもも肉を使用することをおすすめします。
  • 材料のほか、キッチンペーパー数枚、耐熱のビニール袋、炊飯器をご用意ください。
  • ブロック肉の中心温度を計るために、温度計を用意しておくと便利です。

ローストビーフの作り方

step
1
準備・下ごしらえ

  1. 耐熱袋に醤油・みりん・生姜を計量して入れ、混ぜておく。
  2. ブロック肉を炊飯器に入れたときに浸るくらいのお湯を沸かしておく。
  3. ブロック肉の表面に塩コショウをしておく。

step
2
調理

  1. フライパンに薄くサラダ油をひいて熱しておく。
  2. ブロック肉をフライパンで焼いて表面に焼き目をつける。
  3. ブロック肉をフライパンから取り出し、キッチンペーパーで包んで耐熱袋に入れる。
  4. ブロック肉が調味料となじんだら、炊飯器にお湯と耐熱袋を入れて、炊飯器の保温モードで1時間低温調理する。
  5. 加熱後、炊飯器から耐熱袋を取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で休ませる。

step
3
仕上げ

  1. 食べる前に薄切りにして盛り付ける。
  2. 煮汁を鍋などで加熱して水分を飛ばし、ソースをつくる。
  3. 作ったソースを薄切りにしたローストビーフにかけて出来上がり。

調理のポイント:

  • ブロック肉にフライパンで焼き目をつける際は、すべての側面に対して焼いていきましょう。
  • 保温はお湯の温度が65~70℃となるように調整してください。
  • 低温調理は調理温度が低すぎると食中毒のリスクがありますので、十分注意を払って調理してください。

加熱調理後のローストビーフの状態

 

関連記事

レシピを探す

最近の検索ランキング

1

ひとことコメント: ノンフライヤーで冷凍フライドポテトを調理する方法をご紹介! ワンポイントアドバイス ノンフライヤーで煙が出て困ったことはありませんか?対処法はこちら! ディップでアレンジ フライド ...

2

ひとことコメント: ミネストローネスープを作る場合は一般的にはトマト缶を使いますが、今回紹介するレシピはトマトペーストを使用するので、少量から作れるのがポイント。具だくさんにするととてもおいしいです! ...

3

ひとことコメント: うどんスープの素を使用した基本のにゅうめん(温かいだし汁で煮たそうめん)のレシピです。 一品料理としても食べられますし、量を少なくしてスープとしても使えます。 その他の温かいそうめ ...

4

ひとことコメント: フライパンで調理すると焦げやすい「こてっちゃん」。今回はこの「こてっちゃん」の簡単な焼き方についてご紹介します。 焼肉にはサラダがおすすめ!人気レシピです! こてっちゃんと一緒に豚 ...

5

ひとことコメント: スパイスが香るチキンソテー。ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもなる万能レシピです! カレー風味のチキンソテーの基本情報 調理時間:20分 レシピのポイント: 「ハウス 味付カレーパ ...

-おかず
-,

© 2022 Toco's Kitchen (トコズキッチン)