おかず

豆苗とさつま揚げの炒めもののレシピ

ひとことコメント:

手ごろな価格で手に入る豆苗とさつま揚げを合わせて炒めた料理です。手早く作れるので副菜やおつまみにどうぞ。

豆苗とさつま揚げの炒めものの基本情報

調理時間:

10分

レシピのポイント:

  • 味付けは顆粒鶏がらスープのみ。
  • 味付けの失敗が少ないため、自炊初心者でも安心なレシピです。

レシピキーワード:

豆苗とさつま揚げの炒めものの材料(1人分)

  • 豆苗 … 50g(1/2袋)
  • さつま揚げ … 2枚
  • ごま油 … 適量
  • 顆粒鶏がらスープ … 小さじ1/2

材料のポイント:

  • さつま揚げはかまぼこやちくわなどの練り物でも代用可能です。
  • 豆苗は根の部分を落とした可食部(食べられる部分)で分量を記載しています。

豆苗とさつま揚げの炒めものの作り方

step
1
準備・下ごしらえ

  1. 豆苗は豆の上のところで切り水に軽くさらし、ザルにあげておく。
  2. さつま揚げは4等分にカットしておく。

step
2
調理

  1. フライパンにごま油をひき、さつま揚げの両面が焼き目がつくくらいに焼く。
  2. フライパンに豆苗を入れてさつま揚げと一緒に炒める。
  3. 顆粒鶏ガラスープをふりかけて全体に和えて味付けする。

step
3
仕上げ

  1. 器に盛り付けてできあがり。

調理のポイント:

  • 豆苗は火が通りやすいので炒める際はさっと火を通す程度でOKです。

豆苗を食べた後の豆からもう一度豆苗を育ててみよう!

スーパー等で買ってきた豆苗は、調理後に豆と根が残っちゃいますよね?

なんかもったいないなあ…と思ったら、食べられる部分を再生してみましょう!

残った豆と根の部分は水に浸しておくとまた茎と葉の部分が再生してきますので、下の写真のように受け皿を用意して育てます。

1日1回程度水を交換して、日中は日光を当ててあげてください。1週間~1週間半くらい程度で下の写真くらいに再生します!

ここまで育ったら、茎と葉の部分をハサミなどで切って収穫!おいしくいただきましょう!

豆苗を豆から育ててみるというのもアリ?

豆苗は種から育てることもできます。種や栽培セットや専用の器なども売っていますのでチャレンジしてみてもいいですね!

豆苗を使ったレシピ

豆苗は鍋物から炒め物まで様々な料理に使えます!

関連記事

-おかず
-,

© 2021 Toco's Kitchen (トコズキッチン)