ごはんもの

ベーコンレタスチャーハンのレシピ

ひとことコメント:

中華料理にはあまりなじみのないベーコンを相性の良いレタスと一緒に調理!
ごろごろしたブロックベーコンの食感と脂の旨味が溜まりません。

ベーコンレタスチャーハンの基本情報

調理時間:

10分

レシピのポイント:

  • 手早く作れるので、お昼時などの時間がない時にも最適です。
  • 味付けの失敗が少ないため、自炊初心者でも安心なレシピです。

レシピキーワード:

ベーコンレタスチャーハンの材料(2人分)

  • ご飯 … 300g
  • 卵 … 2個
  • レタス … 3枚
  • ブロックベーコン … 60g
  • サラダ油 … 大さじ2
  • 顆粒鶏がらスープ … 小さじ2
  • 塩コショウ … 少々
  • 醤油 … 小さじ1

材料のポイント:

  • 具材として入れるレタスは外側に近い青い部分でもかまいません。
  • ベーコンはブロックタイプのものがおすすめですが、スライス済みのハーフベーコンなどでも代用可能です。

ベーコンレタスチャーハンの作り方

step
1
準備・下ごしらえ

  1. 卵は割って溶いておく。
  2. レタスは洗って一口サイズより少し大きめに切っておく。
  3. ブロックベーコンは5~8mm程度の小さい角切りにしておく。
  4. ご飯はボウルに入れ、溶き卵の1/4程度と顆粒鶏がらスープを入れて混ぜておく。

step
2
調理

  1. フライパンにサラダ油をひき、ベーコンを炒めて脂を出しておく。
  2. ベーコンに焼き目が付き脂が出たら一度取り出しておく。
  3. 溶き卵を入れて軽くかき混ぜ、すぐにご飯を入れて卵の面が上になるようにひっくり返す。
  4. フライパンは振らずにコンロに置いたままで、木べらなどで切るように炒める。
  5. 取り出しておいたベーコンを入れてパラパラになるまで炒めていく。
  6. 最後にレタスを入れて軽く混ぜる。
  7. 塩コショウで味を調え、チャーハンの外側の鍋肌に醤油を少したらして香りづけする。

step
3
仕上げ

  1. 器に盛り付けてできあがり。

調理のポイント:

  • レタスは炒めると水分が抜けて小さくなるので、少し大きめに切っておくのがポイントです。
  • レタスに火が通りすぎるとシャキシャキ感がなくなるので、なるべく最後のほうに入れるようにしてください。
  • 下ごしらえで溶き卵を少量加えるのは、お米に卵のコーティングをしやすくするためです。チャーハンづくりに慣れていて、フライパンの中でコーティングできる場合は入れなくてもOKです。
  • フライパンを振らずに置いて調理することでフライパンを高温にキープすることができます。

他のチャーハンのレシピ

今回のベーコンレタスチャーハンのレシピは以下のレシピをベースにしています。ネギ入りのチャーハンが良い場合は以下のレシピを参考にしてください。

チャーシューチャーハン
基本のチャーシューチャーハンのレシピ

ひとことコメント: 定番のガッツリメニュー、チャーシューチャーハン。ご飯と卵、ネギ、ハムかチャーシューがあれば作れるお手軽なレシピです。量を少なくしてラーメンのお供にも。 基本のチャーシューチャーハン ...

続きを見る

また、他のレタスチャーハンのバリエーションも用意していますので、こちらのレシピも見てみてくださいね!

チャーシューレタスチャーハンのレシピ

ひとことコメント: チャーハンにおなじみのネギがない時はレタスで代用しましょう。 レタスのシャキシャキ食感がたまりません。 ラーメンのお供の半チャーハンにもつかえます。 チャーシューレタスチャーハンの ...

続きを見る

カニカマレタスチャーハンのレシピ

ひとことコメント: チャーシューの代わりにカニカマを使用した海鮮風レタスチャーハンのレシピです。 ごろっとしたカニカマと塩ラーメンスープを使った味付けで気分はカニチャーハン! カニカマレタスチャーハン ...

続きを見る

関連記事

-ごはんもの
-, , ,

© 2021 Toco's Kitchen (トコズキッチン)